School Info

スクールのご案内

  目 標

当校の TOEIC講座は、単にスコアーだけがアップすればいい、ということではなく、英語の基礎力に関わる力をつけていただくのが、最終目標です。当校での大幅なスコアーアップはもちろんですが、当校を卒業した後に、今度は自分でしっかり自己学習していけるだけの英語学習の基盤をつけていただくことも目標としています。

TOEICクラスの特徴

 
1. 将来的な自分の英語力について危機感を持っている方が大半
「会社から言われている」、「転職を考えていたら、TOEICで~~点は必要とわかった」、「就活でどうしてもTOEICのスコアーが必要になった」など、危機意識の高い方がほとんどです。反面、趣味でTOEICをやろうとか、とりあえずTOEICをやってみたい、という方にはこの講座は不向きです。
 

 
 
 
 
 
2. 英語から離れていた人が大半
英語から離れて、はや~年という人が大勢います。昔は多少得意だったという人から、昔から英語は嫌いだった人までいろいろです。共通するのは、ここ数年はまともに英語に接していなかったということ。

3. TOEICの受講講座は、日曜日の集中型もOK、
     平日夜間とのミックスもOK!

平日忙しい人は、日曜日に集中してたくさん講座を取ることもできます。
平日だけがいい人、平日と日曜のミックスがいい人はそれも可能です。
 
 

4. 予習なしで時間を意識した実践型の授業形式
その場で考えて、その場で解く。AREの伝統です。
この方式により、常にTOEIC試験本番を意識することを日常的に体験していただき、高得点獲得に努めます。但し、解説はじっくり型。質問も自由。さらに自宅でわからなくなったら、メールで講師に直接質問できます。反面、「私は、あらかじめ教材を渡されて、十分に辞書を引いたりして授業中に指されてもいいようにしていきたい」という方や「問題はマイペースでじっくり解いていきたい」という方には不向きです。

TOEICクラスの4つの科目の特徴

科目は全部で4つあり、全て単科制になっています。(給付金コースはセットになっています。)

TOEICグラマー 英文法

TOEICグラマー(英文法)

 

TOEIC グラマー

TOEIC Part 5~6対策

 
TOEICリーディング

TOEICリーディング

 

TOEICリーディング

TOEIC Part 6~7対策

 
ボキャブラリー増強

ボキャブラリー増強

 

ボキャブラリー増強

TOEIC Part 1-7対策

 

TOEIC リスニング(TOEIC Part 1-4対策)


①授業内での、ひたすら大量リスニングの否定  

②英語の音の特徴、英語特有な表現の徹底理解  
③TOEICの各パートの特徴の深堀理解  
④アウトプット重視

たくさんのリスニングを授業の中で浴びせられるように聞いたら、リスニングができるようになるのか。ネイティブさんの授業を受ければ、リスニングが自然にできるようになるのか。 全て幻想です。リスニングには、過去にどれだけ英語の音に触れてきたかが、重要なできるfactorではありますが、だからと言って、それを授業でやるのは、非効率です。

AREの授業では、徹底して音の分析と表現知識の蓄積を行います。そして、抜き打ちで行われるディクテーション。自分はどこが聴き取れないのかを把握していただきます。 (米・英・豪の発音の聞き分けなども行います)

英語は子音で終わる言語、対して、日本語は母音で終わる少数派の言語です。この違いをわからないままに、いつまでも母音を意識した聞き方、話し方をしていると永遠にリスニング力はつきません。

加えて、英語には様々な表現方法があり、それは時にイディオムと言われ、特にそれは、まさに「そう言うもの」として、そのまま覚える必要があるものです。リスニングにおいて大事なのは、「これ、きいたことある」という引き出しを効率よく増やしていくこと。その過程で、講師のわかりやすい説明がなされることです。TOEICには、TOEICなりのこだわりがあり、それは他のテストでは重視されていないものだったります。

そして、リスニングで高得点を取るためには、なんといっても各パートごとの特徴を理解しておくことです。 これには、担当講師の深い洞察伝授が必要になります。ほんの一例をあげれば、近年は、特に東アジアの固有名詞が出る傾向が強くなっているとか、否定的な回答が少ないが、 I'm not sureあたりまでは許されている、など。その辺の細かいところまで、徹底して伝授するのがAREの特徴です。

なるほどリスニングは、難しい。聞いても聞いても上がらない。それには何かその人の学習方法に問題があるはずです。最大の悲劇は、真正面から言ってくれる人がいないこと。耳に入ってくるのは、聞き心地のよい「あっという間にあなたも聞けるようになります」的な宣伝ばかり。AREのリスニング授業は、異空間です。あなたも最低半年、できれば1年間、頑張ってみませんか。 聞けるようになっている自分を感じられるようになります。

TOEICグラマーについて Part5対策の真骨頂

このグラマーという科目には、大きく二つの側面があります。まず、大きな基盤として、中学~高校時代の基礎文法項目、構文を徹底して理解していただくこと。大半の人は、こんなことも、あんなことも忘れてしまっています。 時制、品詞、受動態、名詞、代名詞、不定詞、動名詞構文、前置詞、冠詞、関係詞、等々、様々な重要項目をゆっくり丁寧に進み、基礎理解、思い出しを徹底します。

AREは、特に20歳を過ぎた方が、最効率で、しかも、深く理解できるよう、万全の態勢を組んで、他校を圧倒する内容で基礎固めを行います。
上記の項目の多くは、機械的な授業を受けて、講師の一方的な解説を延々と聞いていれば理解できるというわけではなくそれを担当する講師の力量が最も受講者の理解度に影響します。多くの人が英語嫌いになってしまう根本は、中学時代の英語初期の文法授業のつまらなさに起因しています。
ここに大きなメスを入れます。
もう一つの側面は、最新のTOEIC事情にぴったり寄り添った実践的な内容であるということです。TOEICは、基礎的な部分を試してくると共に、ビジネスシーンで使われる語句の使われ方も多様にテストしてきます。
たまに出題される重箱の隅をつつくような設問も含め、今、TOEICがどのように変わってきているのか、どんな出題形式で出してくるのか、それらを徹底伝授します。
文法をバカにしてはいけません。文法がわからないから、読めないのです。そもそも文の構造がわからない人が、世の中には大勢います。
また、文法がわからなければ、リスニングのスクリプトを見ても、依然として理解できない場面が出てきます。そこをしっかりと学んでいただくのが、AREの文法講座です。

TOEICリーディング  TOEIC Part 7対策(長文読解対策)

TOEICのリーディングで最重要なことは、以下の3つです。
①真の意味で良質な教材をこなすこと。
これは、素人判断は難しく、TOEICを徹底研究していないと見抜けません。
②速読を意識させてもらえるクラスであること
③どのように読めば最速で読めるようになるのかを教えてくれる講師であること

当校のクラスでは、「簡単に読めるようになりますからね。」などと講師が言うことはまず、ありません。甘くない世界だからです。
多くの人が、速読ができません。 ボキャブ不足、意識が追い付かない、等々の理由がありますが、最大の理由は、「大人には誰も厳しく言ってくれない」からです。 あなたは、そもそも仕事以外の本を日本語で書かれた本を、 一か月に何冊読むでしょうか? しかも、TOEICは英語です。他の言語で読むとは、そんなに甘いものではありません。
どこで勘違いしてしまうのか、単純なボキャブをどうして忘れて
しまっていたのか、あーしまった!の連続で、人は成長していくのです。
リーディング授業では、TOEIC側が何を求めているのかを講師が繰り返し伝授します。相手が何を求めているのがわからないままがむしゃらに読んでも、あっという間にTime is up!です。TOEICのリーディング内容は、刻々と変化しています。しかし、その中には、「変わる鉄則」と「変わらぬ鉄則」があります。
大事なのは、「今、これが旬の問題です」などと、豪語する授業ではなく、どのように読み物が変化しても対応できる読解力を付けておくことです。 英文を読むとは、どういうことなのか。 ゆっくりだけど、だんだん辞書なしで読めるようになってくる。 それがAREの授業です。 そうなると、毎回の試験において、最後のPart 7が待ち遠しくなります。読解力を付けるには、もちろん時間がかかります。 が、じわじわと読めるようになってくる快感を味わえたら占めたもの。 そこまで、頑張る意思のある方には、このクラスはおすすめです。

ボキャブラリー増強   TOEIC Part 1-7対策(TOEIC重要単語)

このクラスは、実践的な語彙力のない方を対象にしています。
TOEICで試される重要な単語の中でも特に頻出する単語に絞り、 生涯使える英語力の土台を作ります。英単語→日本語訳で覚えるのではなく、同義語や反意語、派生語を分野別に群で覚え、また文脈で類推して考える癖をつけて、効率よくボキャブラリーを増やしていきます。 TOEICで800点以上を目標としている方は、3000語以上を覚えるつもりで語彙を増やしていきましょう。

Online版 基礎ビジネス マンツーマンレッスン (S&W講座)


 
基礎ビジネス Speaking & Writing 講座ご案内
初級~中級者対象   * 給付金対象外の講座です。
 
本講座は、通学型のSW講座をAREまでわざわざ足を運ぶことなく受講できるオンライン講座となります。実際の授業のようにその場でのやり取りがなくなる分、通学講座の受講料の約半額となっております。
 
が、実際の内容は授業とほぼ同じです。課題を与えられ、それについて、毎週提出するという形になります。提出期限さえ守れば、いつでもどこでも、御自身のご都合に合う場所とタイミングで創作し、提出することができます。
 
提出された記述答案や録音されたスピーチは、一定期間内に講師が添削し返却されます。毎回、講師からの指導が、文書または音声で返却され、それで一回が完結するシステムとなります。回答解説に関する質問も自由です(講師からの回答は、次の回にまとめて送られる形になることが多いですが、個別にメールにてお返事させていただく場合もあります)。
 
*いつでも、どこでも英語をアウトプットして提出できるシステムのため、基本的休学制度、返金システムはございません。ご注意ください。
 
繰り返しになりますが、本講座は通学不要です。にも関わらず、講師からの回答はまるで授業を受講しているような感覚で学習ができます。ぜひお試しください。
 
■具体的な進み方
毎回、講師側が、その方にふさわしいであろうと思われる課題をメールにて送らせていただきます。その課題について、その指示に従い、ライティング、and/or スピーチをしていただきます。書く場合でも、しゃべる場合でも、辞書やネット上で調べてから書く行為は禁止行為となります。また無意味です。絶対にしないようお願いいたします。その時にご自身で持っている力を存分に発揮されて、提出してください。
*与えられた課題について質問がある場合は、メールにて講師までお尋ねください。但し、そのやり取りの分だけ提出期限が延長されるということはございません。ご注意ください。
 
 
ライティングの場合は、ワードで書いて提出していただきます。SPEECHにつきましては、ご自宅などで音声を収録していただき、音声ファイルにて提出していただきます。
*音声ファイルが適切に送受信できるかどうか、受講申し込み後に担当とテスト配信交換を行っていただきます。それがしっかりと確認できてから、受講開始となります。迅速なメールのやり取りにご協力をお願いいたします。
 

Tel: (044)-455-5548

TOEIC IPテスト (AREにて不定期開催)

AREのTOEIC IPテストは、少人数制なので、対応もスムーズ! 公開テストのように、試験開始前と終了後の試験官の問題用紙配布・回収作業をじーっと待ってイライラするなんてことはありません。 テスト後は、すぐにTOEICの試験センターにて集計が出ますので、結果速報をすぐに受験されたスクール生にご連絡することが可能です!

AREスクール生の皆様は、奮ってご参加くださいませ。もうすでに申し込みされている方がいらっしゃいますので、どうぞお早めに。また、これからAREに入校をお考えの方も、ご入校頂き次第、すぐにIPテストご受験のご案内させていただきます。お申込み、お待ちしております。

TOEICⓇ IPテストとは?

IPとは、Institutional Programの略称で、IPテストは、団体特別受験制度というものです。IPテストとTOEICⓇ公開テストは、テストの構成、形式、配点に違いはありません。

 *当校実施のTOEIC IPテストにおいては、ARE生限定の限られた人数で行っています。その為、受付時から試験開始、試験終了後に問題用紙を回収してから解散までの時間がとてもスムーズなのが好評です。

 TOEICⓇのスコアに有効期限ってあるの?

「TOEICのスコアの有効期限って2年ですか?」と、ご質問いただくことがありますが、実際には、TOEICのテスト結果の公式認定証、スコアレポートには、有効期限はありません。ですが、公式認定証を再発行する場合には、個人情報の保護・保管の観点から、試験日から2年以内のものに限り、IPテストで発行されるスコアーレポートにおいては、解答用紙を採点した年度の翌年度4月1日から2年間に限ぎります。
 

TOEICで大幅スコアアップする人の特徴とは?

ご存知ですか?実は、TOEIC対策をしてグンとスコアーアップしてしまう人には一定の特徴があることを!
《TOEICで大幅スコアアップする人の特徴》
その① 明確な目標
将来必ず付きたいポジションがある、絶対に転職してこの仕事をしたい、それには英語が絶対に必要、等々明確に目標がある人が伸びています。逆に、「なんとなくやっておいたほうがいいかなあと思いまして」などと言っている人は、始めないこと!とっても危険です。

その② 自分に謙虚
伸びる人は、「自分はまだまだ」と常に考えています。自分の英語力に対して、貪欲かどうか。よく自問してください。やる気もないのに学習を始めてしまうと、あっという間にもぬけの殻になってしまいますよ。

その③ 行動力旺盛
伸びる人は、いつまでも迷っていません。とにかく対策を始めてしまい、今、この瞬間を大事にしています。いつまでも、「~月から始めよう」などと思っていたら、あっという間に10年経ってしまいます。
ぎりぎりで35歳までに始めてくださいね。

厚生労働大臣指定 一般教育訓練給付金制度について

AREは、一般教育訓練給付金支給の対象となる厚生労働省大臣指定講座を運営するTOEICテスト対策に特化した講座を扱うスクールです。
厚生労働省の一般教育訓練給付金制度は、大勢の方が利用しています。
手続きも簡単。お勤めの会社にわざわざ申告する必要もありません。
まったく個人の手続きで全てが完了します。

あなたがもし給付金受給資格のある社会人の方なら、一般教育訓練給付金制度を利用されることをお勧めします。お金が一部でも戻てくることは、そうあることではありません。
給付金受給について
社会人の方で、勤め始めてから1年以上は働いた(雇用保険を支払った)という方で、初めて給付金制度を使用する方に限り、受講料の20%、最大で10万円が戻ってくるという恩恵が与えられることになります。
(一度過去に給付金を受給している方の場合は、3年経過後に再度受給資格があります。)


最初に一括にて受講料約40-70万円をお支払いいただきますが、一般教育訓練指定給付金講座を修了した時点で当校の修了証明書を発行しますので、それを管轄の公共職業安定所(ハローワーク)に持って行って頂きお手続きいただくと、一般教育訓練費20%(上限10万円)が支給されます。
給付金支給される時期は、ハローワークに申請した日から約2週間後~
1ヶ月以内です。

給付金受給対象となる方の基本条件
①現時点において、雇用保険の一般被保険者である方
 a. 今回初めて一般教育訓練給付金をお使いになる方で、対象教育訓練講座の受講を開始した日において、支給要件期間が1年以上の方。
 b. 過去に一度、一般教育訓練給付金をお使いになった方の場合、前回の給付金講座の給付金受給決定日*より3年以上が経過している方。(受給決定日とは、給付金受給した日となります。)
    *2014年(平成26年)10月1日より施行の為、これより前に教育訓練給付金を受給した場合は、受給決定日ではなく、過去の受講開始日から3年以上経過していることが条件となります。


②過去に雇用保険の一般被保険者であった方(現在離職中の方の場合)

本講座の受講開始日において、一般被保険者資格を喪失した日(離職の日)以降、受講開始までが1年以内である方。
*支給要件期間とは、受講開始日までの間に同一の事業主の適用事業に引き続いて 被保険者(一般被保険者又は短期雇用特例被保険者)として雇用された期間を指します。詳しくは、厚生労働省職業安定局ハローワークインターネットサービスの一般教育訓練の教育訓練給付金の支給申請手続きについてをご参照ください。
例1.)雇用保険の一般被保険者として働いていた会社を退職され、失業保険を受け取っている期間であっても、会社を退職後1年以内であれば、一般教育訓練給付金制度をご利用いただけます。
例2.)雇用保険の一般被保険者から、その後会社役員になって、役員報酬を受け取り、雇用保険の被保険者でなくなった場合でも、一年以内であれば、給付金の受給資格は有りとなります。
*ご自身の受給資格の有無がご不明の場合は、「教育訓練給付金支給要件紹介票」にて調べるかことが可能ですので、最寄りのハローワークにお問合せください。
 
TOEIC給付金講座修了認定条件
80%以上の出席率の消化
復習チェックテストのクリアー(70%以上)
公開テストのスコアの提出
教育訓練給付指定講座修了者アンケートの提出
*アンケート内容はこちら。

教育訓練給付金申請に必要な提出書類
・教育訓練給付金支給申請書
・教育訓練修了証明書
・当校が発行する領収書
・本人・住所確認書類 (住民票、運転免許証など)
 *住所確認書類と現住所が違う場合は、現住所が記載された公共料金の領収書の提示が必要になります。
・雇用保険被保険者証
・払い渡し希望の金融機関の通帳またはキャッシュカード


給付金支給申請手続きの3つの方法
 1.自分で直接ハローワークに行って申請する
 2.郵送による申請
 3.代理人による申請
  1.自分で直接ハローワークに行く申請
  *最寄りのハローワークのみの受付になります。
  (最寄りのハローワークとは、住民票に記載された住所から
   最寄りのハローワークとなります。)
  *住所確認書類と現住所が違う場合は、現住所が記載された
  公共料金の領収書の提示が必要になります。
  *現在、職場近くのハローワークからの転送給付金申請は
   できなくなりましたので、ご注意ください。
  *ハローワークは、土日祝日がお休みの為、平日どこかでお時間を
   作っていただき、ご自宅最寄りのハローワークに給付金申請
   いただく必要があります。
   *ハローワークの利用時間をご確認の上、申請手続きに行って
    ください。
 2.郵送に用る申請
  「ご病気やケガ、お仕事の都合など、どうしてもやむを得ないご事
   情のある方に限り」という条件となりますが、給付金申請期間の
   1カ月以内にハローワークに出向けない場合は、郵送での申請も
   可能です。
   その場合、上記の必要提出書類の他に、どうしてもハローワーク
   に行って申請できない理由を書いた、理由書の同封が必要です。
   理由書記載の内容は、以下の通りです。
  ①どうしても給付金申請に行けない理由
   例:仕事が多忙のため、平日休みをとれる状況出ない為、
     申請期限内の1カ月以内にハローワークに出向き申請に行けない為。
   *やむを得ない理由があると認められるか否かについては、事前に最寄りの
    ハローワークに相談されることをお勧めします。 
   ②ご住所、 ③お名前、 ④お名前の後に押印
  *ご不明な点等につきましては、お手数ですが最寄りのハローワークに
    お問い合わせをお願いします。
 3.代理人による申請
  こちらも2.の郵送による申請と同様、やむを得ない事情がある方に
  限りという条件付きとなります。
  代理人申請には、*委任状が必要となります。
  委任状書記載の内容は、以下の通りです。
  ①給付金コースを受講された本人と代理人との間柄
  ②代理人の所属
  ③代理人による申請の理由を記載いただきます。

給付金申請期限について
申請期限は、給付金受講講座修了証明書記載の受講終了日の翌日から
1ヶ月間です。
ご注意いただきたいのは、この1ヶ月以内というのは、暦の上での1ヶ月以内に当たります。
その為、2月などの1ヶ月が30日間ない月は、28日間(閏年は29日間)申請期間が30日間ない可能性もありますので、ご注意ください。
例:受講修了日が1月31日の場合、申請期間は、2月1日~2月28日。
申請期限日が土日の場合、その翌日の月曜日が申請期限日に延長されます。
*教育訓練給付は、2年の時効期間内であれば支給申請が可能になりました。

★詳しくは、初回学校案内カウンセリングをご予約ください。
TEL:(044)-455-5548まで